シミはレーザー治療で改善することが出来る~綺麗な肌を取り戻そう~

美容皮膚科の治療の種類

笑顔の女性

治療のタイプ

シミ、そばかす、肝斑などは美容皮膚科で治療を受ければ、なかったようになくすことができます。治療の種類はいくつかあり、レーザー、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、ハイドロキノン・トレチノイン療法などがあります。炭酸ガスレーザー、QスイッチYAGレーザー、レーザートーニングは、シミと肝斑の治療に使われています。レーザートーニングはピーリング効果がある治療器で、これまでレーザー治療ができなかった肝斑も消すことができます。フォトフェイシャルはそばかす消しに有効です。顔全体に広がるそばかすを消して、顔全体を明るくする効果があります。ハイドロキノン・トレチノインを処方してもらえば、自宅で手軽にシミ消しができます。

手軽にできる治療

どんなに年季が入ったがんこなシミでも消せるのが美容皮膚科のシミ治療です。シミを消すという美白化粧品もありますが、できてしまったシミには効果は薄いものがほとんどです。しかし、美容皮膚科に行けば、医療品として認められている美白クリーム、ハイドロキノン・トレチノインを出してもらえます。ハイドロキノンはシミの予防、トレチノインはシミの漂白ができる医薬品で、最強の美白軟膏と言われています。レーザー治療やフォトフェイシャルのように目の見えて大きな効果はありませんが、「高濃度ビタミンC点滴」も美白効果があります。点滴系の治療は血液中にダイレクトに美白成分が入るので、美容ドリンクやサプリよりも即効性があります。