シミはレーザー治療で改善することが出来る~綺麗な肌を取り戻そう~

予防と治療

美容整形

紫外線とターンオーバー

シミはメラニン細胞が元になって発生します。そしてほとんどのメラニン細胞は紫外線が原因となって作られます。メラニン細胞ができたとしても、ターンオーバーが正常に働いていれば体外に排出されます。しかし、ターンオーバーが乱れていると、シミとして表皮に残ったままになります。シミ予防は、紫外線対策とターンオーバーの正常化が決め手となります。紫外線は日中どんな時でも降り注ぎます。屋外はもちろんのこと、屋内であっても常に日焼け止めを塗ることが大切です。夜更かし、運動不足、栄養不足、過度なダイエットなど、不規則な生活をしていると、ターンオーバーが乱れます。ターンオーバーを正常化するためには規則正しい生活が必要不可欠です。

クリニックで消す

どんなに気をつけていても、加齢によってシミができてしまうことがあります。シミを消すには、美白化粧品やシミ取りクリームなどがありますが、手っ取り早いのがクリニックのレーザー治療です。レーザーならば、手間も時間もかからず、ほとんどのシミを消すことができます。レーザーをする時は痛みはなく、 5分ほどの施術時間で終わります。レーザー後は赤みが残りますが、しばらくするとひいて肌色に戻ります。レーザー治療以外では美白外用薬やケミカルピーリングがあります。美白外用薬には医療成分が配合されているので、市販の化粧品よりも効果があります。ケミカルピーリングはターンオーバーを早くする治療です。ニキビ跡、色素沈着跡、しわなどにも有効です。